→ グリーフサポート一覧TOP > 大切な人への手紙
大切な人への手紙

「大切な人への手紙」入賞者発表

2009年、「ゆきげ」ではグリーフサポートの一環として、「大切な人への手紙」を募集いたしました。大切な人を喪った想いを「文章にする」ことで気持ちに変化が生まれ、また読まれた方も大切な「何か」を感じることができるのではないかと考えたからです。
ご自身の心を見つめ、お気持ちを表現してご応募いただき、ありがとうございました。
どの作品もすばらしく、何度読みかえしても眼が潤んでまいります。

厳正なる審査の結果、優秀賞2作品が決まりました。
(最優秀賞は該当なし)

「いつも見守ってくれる人へ」 T・K様 相模原市
「清潔な旅立ち」       K・H様 海老名市

お二人には、賞状と賞品(リンベルカタログギフト3,000円相当分)・ご応募いただいた方全員に、ゆきげオリジナルクオカード(500円)をお送り致しました。

いつも見守ってくれる人へ

T・K様(相模原市)

朝、東向きの寝室に太陽が昇れば、「今日も良い朝をありがとう。」と合掌し、夕方保育園からの帰り道、娘が一番星を見つければ、「今日も家族が元気でありがとう。」とつぶやき、帰宅後の慌しい家事や育児が終わり、夜空に綺麗な月を仰げば、「今日も一日無事に過ごせてありがとう。」と言うのが私の癖になりました。
二年前に突然の事故で亡くなったお父さん。大好きな祖父の死の意味を、当時二歳だった娘にどう説明しようかと考えました。
「おじいちゃんはお空へ行ったのよ。お昼は太陽になって、夜はお星様やお月様になっていつでもあなたを見ていてくれるのよ。」そう言った自分の言葉が、今では私のお守りのような存在になっています。
お父さん、まだ、時々月を見ながら泣いてしまう時もあるけど、私達は元気です。
本当にありがとうね。

清潔な旅立ち

K・H様 海老名市

昨年暮れに亡くなった母。死後しばらくの間は何か寂しさが先行していたが最近は16年前亡くなった父と共に2人仲良く微笑んでいる遺影を毎朝見るに付け写真が「今日一日を一生懸命悔いの無い様に生きなさい!」又当然の事ながら「感謝の気持を忘れない様に!」と語りかけている様に思える様になった。
戦時中の疎開生活、苦しい貧困時代の中にも家族の絆、我慢の大切さ、物を大切にする心、感謝の気持ちと責任感は子供ながら自然と少しは身に付いた。単に言葉や文字だけで無く両親は身をもって行動で教えて来てくれたと思う。
その現実を母の葬儀の際実感する事が出来た。その証明は古式納棺の際、誠心誠意、丁寧に優しく髪の毛を洗い体を清め着換え化粧した母の顔は可愛らしく本当に綺麗だった。
天国の父もきっと新婚時代にタイムスリップし虹のバージンロードを渡って行った母をきっと笑顔で出迎えてくれたと思う。母も「好きな歌を生演奏してくれたよ!」最後迄本当に優しく清潔にしてくれたよ!と笑顔で報告していると思うと同時にきっと最高の葬儀に「ありがとう!」と言っていると思う。

TOPに戻る

| 「個人情報の保護」について | © 株式会社コープ総合葬祭 TEL:045-473-0534 |